2019年3月3日日曜日

スポーツで地域の交わり



33()生麦活性化プロジェクト主催の「YMCAサッカー教室」が生麦小学校で行われました。生麦活性化プロジェクトとは、生麦の歴史や風土を大切にしながら、地域での交わりの中で子どもたちに豊かな思い出を育んで欲しいという思いから立ち上がったプロジェクトです。サッカーを通した青少年の育成、まちの活性化を図ることを目的として、7度目となる今回、横浜YMCAのスポーツ専門学校サッカーコーチコースの学生リーダーが指導にあたりました。
 当日は、雨の降る中の体育館での実施となりましたが、50人を超える生麦小・中学の生徒たちがサッカーボールを使ったスキルアップやミニゲームに取り組むことができました。練習の中で中学生が小学生の蹴ったボールを拾ってあげたり「こっちだよ」と面倒を見る姿が見れたり、小学生は一生懸命にボールを追いかけていました。最後に行われた学生リーダーVS中学生の試合では、躍動感あふれる試合に小学生たちは大盛り上がり、応援の声が飛び交っていました。
 参加した子どもたちから、閉会式で楽しかったという感想を聞くことができ、サッカーというスポーツを通して、地域の方とも交わりを深める機会となりました。指導してくれたリーダーから参加賞のタオルをもらい、子どもたちはとても嬉しそうでした。
 こういった活動を通して子どもたちが交流を深め、地域がより元気な地域になるよう私たちもお力添えができればと思います。
(生麦地域ケアプラザ 鈴木 恵輔)




ピンクシャツデー2019


 2019年2月27日(水)はピンクシャツデーです。「ピンクシャツデー」は、2007年、カナダの学生2人から始まったいじめ反対運動です。ある日、ピンクのポロシャツを着て登校した少年が「ホモセクシャルだ」といじめられました。それを聞いた先輩2人が50枚のピンクシャツを購入、インターネットで「明日、一緒に学校でピンクのシャツを着よう」と呼びかけました。翌日学校では呼びかけに賛同した数百名の生徒がピンクのシャツや小物を身に着けて登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなったそうです。
このエピソードはSNS等で世界中に広まり、今では70カ国以上でいじめに反対する活動が行われています。カナダで最初にこの出来事があった日が、2月の最終水曜日でした。それ以降、2月の最終水曜日に私たちもいじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを表す1日としています。


 生麦地域ケアプラザでも「ピンクシャツデー」の取り組みを行いました。
いじめについてのメッセージを多くの子どもたちから大人の方まで書いてくださり本当にありがとうございました。ケアプラザにきてくださった方だけでなく、地域で行われている老人クラブの集まりでもピンクシャツデーについてお話しをさせていただきメッセージをいただけました。


 皆様からいただいたメッセージでいっぱいになったポスターを見ながらいじめについて友達と話し合う姿も見られました。また「うまくいっていない友達について考えるきっかけになって、仲直りできたよ」との声もいただきました。
 




 いじめ反対運動が世界中にひろがり、いじめのない世界になりますように。
(生麦地域ケアプラザ 鈴木恵輔 越谷憲治)

2018年9月8日土曜日

いざという時の備え


【地域行事参加報告・生麦地域ケアプラザ

98日(土)三麦会主催の「三麦デイキャンプ2018」が生麦小学校で行われました。三麦会とは「子麦=学校」「親麦=家庭」「生麦=地域」が相互に関わり合いを深め、共に大きく成長したいという願いをこめて誕生した生麦小学校のおやじの会です。
 このデイキャンプは、毎年防災をテーマに行われ、今年は湘南とつかYMCAの講師による着衣泳の指導で水に落ちた時の対処法や実際に溺れている人を見つけたらどうするかなど、自分や相手の命を守るためにどうするべきなのかを学びました。


続いて行われた野外炊飯では、災害時の野外炊事をテーマにかまどづくりや火おこしも自分たちの力で、ポリ袋を使ったご飯の炊き方を学び、カレー作りに挑戦しました。立派な野菜がごろごろ入ったカレーにそれぞれのグループが作ったカレーにポテトチップスやヨーグルトなどの隠し味を入れてオリジナルカレーを作りました。作っている間に子どもたちに向けて生麦出張所より水消火器の使い方の実演・体験があり子どもたちが盛り上がっていました。力を合わせて作ったカレーの味は格別で、鍋はあっという間に空っぽになりました。
多くの親子が集まり、普段できない体験と、豊かな交わりの時を持つことができました。日本各地で自然災害が相次いでいますが、自らの暮らす地域で、いざという時に大切な地域のつながりが広まり、深められたことを実感する一時となりました。
(生麦地域ケアプラザ 鈴木 恵輔)



2018年8月26日日曜日

ラジオ体操34日目【最終日】

【みんなで元気モリモリ!ラジオ体操♪34日目★最終日★(8/26)生麦地域ケアプラザ
 夏休みも今日で終わり、34日間のラジオ体操も最終日となりました。「ラジオ体操がないとさみしい」「ケアプラザに来る機会が減っちゃう」というお言葉をいただきました。今年は暑い日が続きましたが、たくさんの方が毎朝参加してくださいました。皆さんのたくさんの協力で子どもから高齢の方まで多くの世代が一緒に身体を動かし、交わるというとても素敵な時間を持てました。ありがとうございます。

 参加賞として、キーホルダーをプレゼントしました。残念ながら最終日の参加が叶わなかった方も、ラジオ体操の参加カードを受付でお出しいただけると、景品を引き替えます。
今後も皆さんが毎日元気に過ごせますように。
            (生麦地域ケアプラザ 越谷 憲治)


2018年8月25日土曜日

ラジオ体操33日目


【みんなで元気モリモリ!ラジオ体操をしよう♪ 33日目(8/25生麦地域ケアプラザ 


参加者たちから「明日で最後かぁ」といった声が周りから聞こえてきました。
今日で33日目となりましたが、朝から太陽の日が眩しく、木の陰にみんなで集まり21名での実施となりました。子どもたちも元気よくがんばってくれています。

長かったラジオ体操も明日で最後。
ラストも元気に楽しく体操して一日のスタートを切りましょう!
お待ちしています。
     (生麦地域ケアプラザ 鈴木 恵輔

2018年8月24日金曜日

ラジオ体操32日目

【みんなで元気モリモリ!ラジオ体操をしよう♪ 32日目(8/24)・生麦地域ケアプラザ
 台風の影響のため、天候が雨が降ったり止んだりと不安定なため、ケアプラザ館内でラジオ体操を行いました。
 小学校前の子どもから年配の方まで16名参加していただけました。弟の面倒を見ながら参加されていたお兄さんの姿にみなさん関心していました。子どもが多くにぎやかな会となりました。
(生麦地域ケアプラザ 越谷 憲治)

2018年8月23日木曜日

ラジオ体操31日目

【みんなで元気モリモリ!ラジオ体操をしよう♪ 31日目(8/23)・生麦地域ケアプラザ
 今日も朝から暑い中地区センターの中庭の木の陰にみんな集まりラジオ体操を行いました。鶴見消防署生麦出張所の方もラジオ体操に参加してくださり、体操後、救急相談センターの案内をしてくださいました。熱中症などまだまだなる方が多い時期です。体調にはお気をつけください。


 (生麦地域ケアプラザ 越谷 憲治)